« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

誰が為描くのか

ここ最近、注文されて作品を描いている日が

続いています。

今までは、絵画とは自分の為・自己表現だ!とばかり、

自己を誇示していた部分がありましたが、ここ最近の

スタンスでの制作は、今までとは違う内容が

組み込まれている気がします。

絵画は職人では無いので、他人にとやかく言われるのは

ナンセンスだ。と、誰かが言っていましたが

それもまた然り。

また、職人的制作も絵画でしょう。

大事なのは、テーマでは無く

それを表現するイニシアチブを自分が握ること。

どんなテーマでも、自分は自分で。受験絵画が

その最たるものだと思います。

同じテーマで、何千人もの人が描く作品。。

どれ一つとして同じ物は無いのです。

私の中で何かが変わっていった瞬間でした。。

あまり凝り固まらず、柔軟に行きましょう~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »